Surfaceのファンクションキーを通常のファンクションキーとして使用する

マイクロソフトのSurface Proを使用しています。キーボードはタイプキーボードを使っていますが、デフォルト設定だと上部のファンクションキーが通常のパソコンとは異なり、機能ボタンが割り付けられています。

2015-01-28_20h41_29

音量変更や検索の呼び出しなどで使いやすい面もありますが、日本語入力でカタカナ変換をしたい場合やページを更新したい場合などはファンクションキーとしてF7やF5キーを使用したくなります。
このときにデフォルトだと Fn + F7 や Fn + F5  の両方のキーを押さないと使用出来ません。

Surface ProでもPro2、Pro3でも同様の使用になっています。

Sponsored Link

単なるファンクションキーとして使用したい場合は 右下の Fnキー を押しながら 左側の Capsキー を押すことでファンクションキーのロックのON/OFFを行えます。

2015-01-28_20h46_34

これで日本語入力でカタカナ変換を行いたい場合に FnとF7 の両方を押さなくても F7キー を押せば良くなります。

煩わしさはなくなります。
ただ、どちらのモードになっているかは画面やキーボード上では判断できませんので、キーを押してみないと分かりません。
再起動しても前のモードは保持されたままのようですので、通常は一度切り替えておけば良いであろうと思います。
試した中では、電源のOFF/ON、キーボードを取り外して再取り付けでもモードは保持されたままでした。

まとめ

なんとなく使いにくいキーボードだなと思っていましたが、調べれば簡単なことでした。
取説を読めばすぐに分かることですが、パソコンの取説はほぼ読まないので気がつくのが遅くなってしまいました。
他の家電の取説もあまり読まないので知らない機能があるかもしれませんね。
知っていると便利な機能なので、紹介してみました。Surfaceユーザーの方は試してみてください。

おすすめ記事


Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gontajp/arakarika.com/public_html/blog/wp-content/themes/principle-child/sns.php on line 14
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

無料印鑑ソフトより簡易的な電子印なら印影確認を上手く使いましょう
ネットワーク上のExcel,Wordファイルなどを開く時に保護ビューになってしまうときの設定方法
おすすめスクリーンキャプチャソフト②skitch
Windows10へのアップデートは無料で
添付のWordファイルを開くと閲覧モードになってしまう時の対処
Microsoft Surface Pro4がキャッシュバックキャンペーン中
新しいWindowsは10、発売は2015年
Googleマップの地図の位置情報をパソコンからiPhoneへ送る方法
マルチデバイスキーボードが便利 Logicool K480
ThunderbirdでToodledoのタスクを表示させる
MicrosoftのSurface Pro3が6月から値上げ
ブルートゥースマウスが途切れてしまうときの対処方法
Microsoft Surface Pro を買ってしまいました
YouTubeの動画を短時間で見る方法
スターウォーズR2-D2のレーザーキーボード
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP