ウィンドウが画面外に出てしまったときの戻し方

マルチディスプレイで作業していたあとに他の場所にパソコンだけ持って行った時やプロジェクターを使用した後にパソコンを持ち帰ってきた時などに

ウィンドウが画面の外にあったり、ウィンドウの上部だけはみ出てしまって困ったことはありませんか?

どこかに行ってしまって困ったことはありませんか?

モニタやプロジェクターを外す前に設定を元に戻せば良いのですが、忘れてしまってあとで困ることがあります。

はみ出てしまったウインドウを元に戻す方法を紹介します。

Windows7でも8でも共通です。

◆マウス操作主体の場合

まずタスクバーの対象アプリの上にカーソルを持って行き2秒ほど待ちます。

2014-02-12_16h18_37.png

アプリのプレビューウインドウが表示されるのでプレビューウインドウ上で右クリックします。

右クリックメニューが表示されるので 移動(M) をクリックします。

2014-02-12_16h09_13.png

移動可能状態となるので、カーソルキー 「←↑↓→」 で見えるところまで移動させます。

カーソルキーをどれでも一度押した後は、マウスでも移動できるようです。

Sponsored Link


 

◆ショートカットキーでの操作の場合

タスクバー上の対象アプリを一回クリックします。

「Alt」キーを押しながら「スペースキー」を押します。

続けて「M」を押します。

あとは上記方法と同様にカーソルキー 「←↑↓→」 で見えるところまで移動させます。

どちらか覚えておくとウィンドウが見えないときに操作が出来ます。

デル株式会社
NEC Direct(NECダイレクト)

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

関連記事

Windows8.1にアップデートしてみました。
Windows8.1がUPDATEして使いやすくなった2014-04
ウィンドウ操作で便利なショートカットキー
ネットワーク上のExcel,Wordファイルなどを開く時に保護ビューになってしまうときの設定方法
おすすめ壁紙サイト①
YouTubeの動画を短時間で見る方法
Windows7や8のネットワーク速度改善
Windows8でスタートメニューを使う
Windows10のタスクバーの検索欄を非表示にする
ATOKとAcrobat9 Pro のイライラ
thunderbird(サンダーバード)アドオンのColor foldersが使用できるようになりました。
Windows8/8.1のクイック起動(Quick launch)が消えてしまうときの確認方法
添付のWordファイルを開くと閲覧モードになってしまう時の対処
Windows8/8.1で2015/3/11のアップデート後動作がおかしくなる
Windows8の高速起動を無効にする
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP