Windows8/8.1で2015/3/11のアップデート後動作がおかしくなる

Windows8/8.1で2015年3月11日のWindows Update後にWindowsの動作がおかしくなる現象が発生しています。
すべての環境で発生するものでは無いようですが、私のパソコンもエクスプローラの動作が極端に遅くなったり、ハングアップしたり、電源OFF時のシャットダウンダイアログが表示されるまでに時間かかったりと症状が出てしまっています。
最近のアップデートは不具合が発生することがたまにありますので注意が必要です。

修正プログラムがダウンロード出来るようになっていますので紹介しておきます。

修正版のダウンロード

KB3033889が原因のようです。
マイクロソフトから修正版が公開されていますので、症状が発生しているかたはダウンロードしてセットアップしてみてください。

ダウンロードはこちらから↓↓

3033889 の更新プログラムと Windows のエクスプ ローラー、日本語 IME を使用するシステムで応答を停止するには

2015-03-19_09h55_25

これで改善すると思われます。

おすすめ記事


Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gontajp/arakarika.com/public_html/blog/wp-content/themes/principle-child/sns.php on line 14
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

おすすめ壁紙サイト①
ThunderbirdでToodledoのタスクを表示させる
おすすめ小型ブルートゥースマウス MadCatz Office R.A.T.M
CCleanerでパソコンをクリーンアップして速度を取り戻す
Windows10へのアップグレードをしてみました
Windows10へのアップデートは無料で
ネットワーク上のExcel,Wordファイルなどを開く時に保護ビューになってしまうときの設定方法
Windows8.1がUPDATEして使いやすくなった2014-04
ATOKとAcrobat9 Pro のイライラ
Windows8でスタートメニューを使う
Thunderbirdのバージョン45になったらアドオンQuicktextが使えなくなった時の対処方法
マルチデバイスキーボードが便利 Logicool K480
Windows10は7/29発売。無償アップグレード予約も開始
TeamViewerでパソコンをリモート操作
デスクトップ設定 Rainmeter ①
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP