ブルートゥースマウスが途切れてしまうときの対処方法

USBポートが少ないノートパソコンを使用するときにポートの節約でブルートゥース(Bluetooth)マウスを使用したりしますが、設定などにより使っていると突然接続が切れて動かなくなってしまったり、カクカク動いたりするときがあります。
カクカク動く場合はマウス側の電源を入れ直したりすると直りますが、接続が接続が切れるのはパソコン側の設定が影響している場合が多いです。
マウスを少し触らないでいると省電力機能が働き切れてしまっていることが多いので、パソコン側の設定で省電力機能を無効にすると切ることが無くなります。
すべの現象がこれで直るとは限りませんが、一度見直して試して見てください。

今回はまだまだ使用している方が多いWindows7の画面で紹介しますが、Windows8.1の場合も同じです。

コントロールパネルを開き「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

2014-04-10_09h29_57

 

電源オプションをクリックします。

2014-04-10_09h30_54

 

現在使用している電源プランの「プラン設定の変更」をクリックします。

2014-04-10_09h31_36

「詳細な電源設定の変更」をクリックします。

2014-04-10_09h32_11

「USB設定」の「USBのセレクティブサスペンドの設定」を両方とも無効にします。

2014-04-10_09h33_18

「OK」を押し、開いたウィンドウ類は閉じます。

次にデバイスマネージャを開きます。

Bluetoothデバイスのプロパティを開き、「電源の管理」タブの中の
「電力の節約のために、コンピュータでこのデバイスの電源をオフに出来るようにする」のチェックを外します。

2014-04-10_09h34_50

OKを押して開いているウィンドウ類は閉じます。

以上で設定は終了です。
しばらく様子をみてみてください。おおよその場合はこの設定で改善があります。

 

おすすめ記事


Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gontajp/arakarika.com/public_html/blog/wp-content/themes/principle-child/sns.php on line 14
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Surfaceのファンクションキーを通常のファンクションキーとして使用する
無料印鑑ソフトより簡易的な電子印なら印影確認を上手く使いましょう
Windows8/8.1で2015/3/11のアップデート後動作がおかしくなる
CCleanerでパソコンをクリーンアップして速度を取り戻す
MicrosoftのSurfacebookが2月4日にいよいよ日本でも発売
Windows8の高速起動を無効にする
スターウォーズR2-D2のレーザーキーボード
Windows10への無料アップグレードは2016年7月29日まで
ネットワーク上のExcel,Wordファイルなどを開く時に保護ビューになってしまうときの設定方法
デスクトップ設定 Rainmeter ①
iPhoneの写真をWindowsパソコンで取り込む時に最新を早く見つける方法
Windows10へのアップグレードをしてみました
YouTubeの動画を短時間で見る方法
新しいWindowsは10、発売は2015年
おすすめスクリーンキャプチャソフト②skitch
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP