Windows8でWi-Fi(無線LAN)の接続が切れる(制限付きアクセスになる)②

少し前にSurfaceのWi-Fiの接続が切れてしまい、直し方もドライバの変更で直せることを書きましたが、しばらくするとWindowsの自動更新で最新版のドライバに更新されてしまい、また症状が再発することがわかりました。
この場合は、Windowsの自動更新を無効にしておかないと1日おきくらいにもとの症状になってしまいます。
変更方法は
まずコントロールパネルのWindows Update を開きます。
左側に「設定の変更」というがありますのでクリックして開きます。

20131205225902dfc

開いた画面で、「重要な更新プログラム」の項目を
「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかは選択する」
に変更してOKを押します。

20131205225904d55

これで勝手に元のドライバに更新されることを防げます。
ただし、その他の重要な更新も勝手には更新されないので、自分で更新することを忘れないようにしてください。
ソニーストア
プレミアム バンダイ

おすすめ記事


Warning: Use of undefined constant right - assumed 'right' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gontajp/arakarika.com/public_html/blog/wp-content/themes/principle-child/sns.php on line 14
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Windows8/8.1で2015/3/11のアップデート後動作がおかしくなる
Windows10への無料アップグレードは2016年7月29日まで
TeamViewerでパソコンをリモート操作
Windows8/8.1のクイック起動(Quick launch)が消えてしまうときの確認方法
ウィルス対策の更新してます。
Thunderbirdのメール作成時1行目の段落<p>をやめたい
ウィンドウ操作で便利なショートカットキー
Windows8でsend to(送る)にショートカットを追加する
おすすめ壁紙サイト①
Windows7でデスクトップのショートカットが消えてしまうときの対処方法
Googleのモバイルフレンドリーアップデートがもうすぐです
ネットワーク上のExcel,Wordファイルなどを開く時に保護ビューになってしまうときの設定方法
デスクトップ設定 Rainmeter ①
Windows8でスタートメニューを使う
Thunderbird(サンダーバード)のアドオンがバージョンアップで使用できない
Sponsored Link

Menu

HOME

 TOP